テイルズオブエクシリア2をレビュー!

テイルズオブエクシリア2をプレイした感想です。エクシリアでは、文明の発展と共に失われていく精霊や自然を守るため、精霊の主マクスウェルがエレンピオスとリーゼ・マクシアの間に築いた断界殻を壊して1つの世界に戻った所まで描かれていて、エクシリア2では1つになった世界で起こる人々の摩擦やエクシリアのキャラクターの成長、そして物語の核を成す分史世界等が描かれています。新主人公のルドガーはエルと言う少女と出会い事件に巻き込まれ多額の借金を背負ってしまい、それを返しながら旅をしていきます。

バトルシステムはエクシリアのシステムを踏襲した上でさらに共闘時に細かく行動支持を出せたり、ルドガーだけ骸殻化(変身)して戦うこともできるようになります。装備画面で様々なコスチュームを着せ替え出来たり、アタッチメント(眼鏡や帽子等)を付けたりもでき、その姿がフィールド操作時や戦闘時にも反映されるため、間抜けな姿でシリアスなセリフをキャラクターが喋ると笑ってしまいます。ストーリーは結構重く、エンディングを迎えても報われないキャラクターもいますが、ユニークなチャットやセリフも多々ありそんなに重くならずに進められました。クリアデータを引き継いでの2週目要素もあり、前作エクシリアと合わせ長く楽しめる長編RPGなのではないでしょうか。